車の走行距離と乗り換え時期

走行距離は車の寿命を判断するのにはかなり気になるポイントですね。

 

 

 

実際の寿命は、メンテナンスをしっかりと行っていれば35万kmだって走るようです。そのためにはそれなりに費用がかかるので実際の寿命を迎えるまでに車を手放す人が大多数ではあるというのが実際のところです。

 

 

 

では、経済的な面から見た、一般的な車の寿命はどれくらいの走行距離となるのか?

 

 

 

あくまで一般的な目安としては、15万km程度でそろそろ寿命かなと感じる人が多いようです。10万kmくらいでタイミングベルトの交換をして、そこからもう5万kmくらいは乗れるような感じです。これくらいの走行距離になると、それ以外の部品でも交換や修理が必要になってくるものが増えてきて、車検を通す際に結構な金額が必要となり買い替えを決意する人が多いようです。

 

実際に私も14万kmほどで車検の時期になり、修理費用が26万円と算出(地元の整備工場にて。それまでだと12万円くらいでした)されたので、車を乗り換えることとした経験があります。

 

走行距離が長い車の活用法

走行距離が長く、寿命を迎えた車でも高く売ることができます。

 

決して、ディーラーに「下取り0円」でなんてプレゼントしないでくださいね。

 

寿命を迎えた車を高く売る方法はトップページに掲載しているので宜しければご参考にしていださい。

 

走行距離が長い車でも、車の買取店が修理をして外国で中古車として売ったり、部品を取って利用したりと、いくらでも活用方法はあります。実際の寿命はまだまだ残っているので、経済的な理由から判断された寿命を迎えた車でも活用法はいくらでもあるので、適正な価格で売却すると良いと思います。