車の乗り換え時期はどれくらいが目安でしょうか?

一般財団法人 自動車検査登録情報協会という期間が発表している「主な車種の平均使用年数推移」というものがあって、乗用車で12.7年となっています。(ちなみに、昭和50年だと7.8年なんだそうで、耐用年数は飛躍的に伸びているようです)

 

型式が古くなったり、外観の劣化(サビや塗装状態)、車検の更新、新しい車に乗りたくなるなどの原因によって、実際の寿命よりも短い年数となっていると思われますが、13年目を迎えて6回目の車検に際して、買い替えを検討するくらいのイメージでしょうか。

 

経験的にもこれくらいになると、そろそろ寿命かなと考える時期となるような気がします。実際の寿命までにはあと何年もあるものの、修理費などのコストを考えると、そろそろ買い替えの時期(=寿命)となることが多いと思います。

 

寿命を迎える車を高く売る方法

一般的には、長年乗っていた車は買い替えのときに下取りに出すことが多いですが、それってかなり損をしています。

 

ほとんどの場合、「下取り0円」と算出されてしまいますが、近所の車買取店へ持っていって査定を受けると、下取り0円と言われた車も何万円で売れたりするでしょう。

 

これだけでも下取りに出すよりもお得になりますが、この買取店の査定額も店によってまちまちです。買取店の在庫状況や買取後の利用方法などによってその車の価値が変わるからです。

 

ですから、できるだけ多くの買取店の査定を受けるのが最も高く車を売る方法になりますが、それが自宅で簡単にできるサービスがあってとても便利です。このサービスを使って30万円以上得をしたという人がたくさんいるほど嬉しいサービスです。

 

詳細はトップページに書きましたので気になる方はご覧くださいね。